コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居忠政 とりい ただまさ

3件 の用語解説(鳥居忠政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居忠政 とりい-ただまさ

1566-1628 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)9年生まれ。鳥居元忠(もとただ)の次男。徳川家康につかえる。関ケ原の戦いに際して父が戦死し,遺領の下総(しもうさ)矢作(やはぎ)(千葉県)4万石をつぐ。陸奥(むつ)平藩(福島県)をへて,元和(げんな)8年出羽(でわ)山形藩主鳥居家初代。24万石。東国の軍事的押さえの役をつとめた。寛永5年9月5日死去。63歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥居忠政

没年:寛永5.9.5(1628.10.2)
生年:永禄9(1566)
安土桃山・江戸前期の譜代大名。父元忠は三河以来の徳川家康の側近。母は松平薩摩守家広の娘。幼名新太郎,左京亮,従四位下。関ケ原戦の論功によって,陸奥の岩城平藩(福島県)12万石が与えられた。また山形藩主最上義俊(57万石)が改易処分となった元和8(1622)年,その遺領が諸大名に分与された中で,その中心山形藩(22万石)に東国の押さえとして配された。領内に実施した9年の検地は,この地方最初の実測検地で,「左京縄」として有名。寺領を圧迫したため,忠政は山寺ののろいによって祈り殺されたとの説もある。<参考文献>『山形市史』中

(横山昭男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とりいただまさ【鳥居忠政】

1566‐1628(永禄9‐寛永5)
江戸初期の譜代大名。通称新太郎。徳川家康の重臣元忠の子。豊臣秀吉の執奏で従五位下左京亮に叙任,豊臣姓を授けられた。1602年(慶長7)父の忠死の功で新恩6万石を加えられ陸奥国磐城で10万石。大坂の陣では江戸城の留守を務めた。22年(元和8)出羽国山形城20万石を領し東北の押えとなる。26年(寛永3)2万石を加えられた。【煎本 増夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の鳥居忠政の言及

【磐城平藩】より

…陸奥国磐前郡磐城平に藩庁を置いた譜代中小藩。1602年(慶長7)岩城氏の改易後,奥州太平洋岸(浜通り)南端の押えとして鳥居忠政が10万石で入封し,築城,城下町建設,08年の領内総検地,新田開発の奨励など藩体制確立に努めた。22年(元和8)内藤政長が7万石で入封し,内藤氏は6代124年に及んだ。…

※「鳥居忠政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳥居忠政の関連キーワード今城為親清韓文英禅昌酒井貞月弘尊安土桃山時代譜代大名菊の間御門番

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥居忠政の関連情報