コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居障子 トリイショウジ

2件 の用語解説(鳥居障子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とりい‐しょうじ〔とりゐシヤウジ〕【鳥居障子】

清涼殿台盤所から鬼の間まで立て渡した衝立(ついたて)障子。柱の上部が鳥居の形をしている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鳥居障子の言及

【障子】より

…障子として一括されていたもののうち,下部に台がついていて自立できる形式のものを衝立障子として分化させたのであろう。927年(延長5)に完成した《延喜式》に見える〈通(つ)障子〉や清涼殿の台盤所などに用いられた〈鳥居障子〉も衝立の一種である。表面に絵や文字を書き,移動できる障屛具として屛風とともに多用された。…

※「鳥居障子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone