コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥総 トブサ

デジタル大辞泉の解説

と‐ぶさ【総】

木のこずえや、枝葉の茂った先の部分。昔、木を切ったあとに、山神を祭るためにその株などにこれを立てた。
「―立て足柄山(あしがらやま)に船木伐り木に伐り行きつあたら船木を」〈・三九一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とぶさ【鳥総】

こずえや枝葉の茂った先。昔、木こりが木を切ったあとに山の神にその梢や枝を折って立てておく風習があった。今も、門松を取り払った跡に小枝を挿す習慣が残る。 「わがおもふ都の花の-ゆゑきみもしづえのしづごころあらじ/後拾遺 恋三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鳥総の関連キーワード前登志夫船木

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android