コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥越等栽 とりごえ とうさい

美術人名辞典の解説

鳥越等栽

幕末・明治俳人。大阪生。号は佳峰園。俳諧を八千房淡叟に、のち桜井梅室に学ぶ。江戸に移り、江戸三大家の一人に数えられた。著書に『潮のはな』『ひとよさけ』等がある。明治23年(1890)歿、88才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥越等栽 とりごえ-とうさい

1805-1890 江戸後期-明治時代の俳人。
文化2年生まれ。大坂の人。八千房淡叟(はっせんぼう-たんそう),桜井梅室にまなび,のち江戸にうつる。幕末から明治にかけて関為山,橘田(きった)春湖とならんで江戸三大家のひとりといわれた。明治23年12月6日死去。86歳。別号に佳峰園。編著に「ひとよさけ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥越等栽の関連キーワード明治時代橘田春湖等栽