鳥養道晣(読み)とりかい どうせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥養道晣 とりかい-どうせつ

?-1602 織豊時代の書家,版元。
能楽師金春(こんぱる)喜勝の右筆(ゆうひつ)的役割をつとめるうち,謡本(うたいぼん)の節付けに熟達。文禄(ぶんろく)3年(1594)豊臣秀次につかえ,「謡抄」の編集にかかわった。また「車屋謡本」といわれる整版印刷の謡本を刊行した。慶長7年死去。前名は宗晰。通称は与左衛門。号は江庵,吟松斎。屋号は車屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android