コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳳‐テヴナンの定理 Ho-Thevenin's theorem

法則の辞典の解説

鳳‐テヴナンの定理【Ho-Thevenin's theorem】

ある回路網の任意の2点をa,bとして,この間に任意のインピーダンス Z を接続したとき,Z を流れる電流 I

で与えられる.ただし VZ がない場合のa,b間の電位差,Z′ は2点a,bから回路網をみたときのインピーダンスである.

回路を内部抵抗つき電圧源と見なそうというのが鳳‐テヴナンの定理である.これに対してノートンの定理*では内部抵抗つき電流点と見なしている.「鳳」はわが国の電気工学の開拓者の一人である鳳秀太郎博士(与謝野晶子の長兄)による.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

鳳‐テヴナンの定理の関連キーワードヘルムホルツの定理(電気回路)電位差定理