鳳秀太郎(読み)ほう ひでたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳳秀太郎 ほう-ひでたろう

1872-1931 明治-昭和時代前期の電気工学者。
明治5年1月1日生まれ。与謝野晶子(よさの-あきこ)の欧米に留学後,明治39年母校東京帝大の教授。専門は交流工学。電気学会会長などを歴任した。昭和6年9月16日死去。60歳。大阪出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうひでたろう【鳳秀太郎】

1872~1931 電気技術者。大阪生まれ。東大卒。与謝野晶子の兄。多相誘導発電機・電気回路理論を研究。「鳳テブナンの定理」で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android