コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳳笙 ホウショウ

2件 の用語解説(鳳笙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほう‐しょう〔‐シヤウ〕【××笙】

笙の美称。外観が羽を休めた鳳凰(ほうおう)の姿に似ているところからいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鳳笙の言及

【笙】より

…現在雅楽で用いられている笙は,鳳凰がはばたいている姿を模倣して長短17本の竹管を匏の上面に円周上に配列している。鳳笙とも呼ばれる。各管には屛上(びようじよう)という切れ込み目と小さな指孔および簧がついている(ただし,17管中2管は無簧)が,指孔には音高を変える機能はなく,各管の音高は簧の長さと屛上の位置やリードにつけられるおもりの量によって決められる。…

※「鳳笙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳳笙の関連情報