(読み)おおとり

デジタル大辞泉の解説

ほう【鳳】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ホウ(漢) [訓]おおとり
聖人が世に出たときに現れるという想像上の瑞鳥。鳳凰(ほうおう)の雄。「瑞鳳・白鳳
優れた人物。「鳳児鳳雛(ほうすう)
天子に関する物事に冠する語。「鳳駕(ほうが)鳳闕(ほうけつ)鳳城
相手に敬意を示す語。「鳳声
[名のり]たか
[難読]鳳蝶(あげはちょう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


おおとり

大阪府中西部、堺(さかい)市西区中央部の地区。旧鳳町。早くから開けた地で、四ツ池遺跡(国指定史跡)がある。古道熊野街道沿いの大鳥(おおとり)神社は日本武尊(やまとたけるのみこと)の白鳥飛来の伝説で知られ、地名もこれにちなむ。JR阪和線と枝線(鳳―東羽衣)の分岐点にあって、商業と住宅開発が進んでいる。[位野木壽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう【鳳】

〘名〙 古代中国で、想像上の瑞鳥(ずいちょう)。また、その雄。羽に五色の文があり、聖人や徳の高い天子が出れば、それに応じて出現するといわれ、日本でも瑞鳥の一つとして信じられた。転じて、聖人・天子のこと。また、天子に関する事物を形容するのに用いられる。→鳳凰(ほうおう)
※文華秀麗集(818)中・奉和春閨怨〈菅原清公〉「楼上吹簫鳳未臻。四五芳期当礼」 〔論語‐微子〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【鳳凰】より

…中国の伝説上の霊鳥。鳳が雄,凰が雌。鳳皇とも書く。…

※「鳳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳳の関連情報