鳴渡阿波太夫(読み)なると あわだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳴渡阿波太夫 なると-あわだゆう

?-? 江戸時代前期-中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
淡路(あわじ)(兵庫県)の人。阿波太夫節の流祖。文弥(ぶんや)節の岡本文弥門弟で,師のワキ語りをつとめたのち,一派をなした。阿波太夫節は正徳(しょうとく)(1711-16)のころから京都,大坂を中心に流行した。前名は岡本阿波太夫,岡本鳴渡太夫。別名に鳴戸阿波太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android