コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴渡阿波太夫 なると あわだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳴渡阿波太夫 なると-あわだゆう

?-? 江戸時代前期-中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
淡路(あわじ)(兵庫県)の人。阿波太夫節の流祖。文弥(ぶんや)節の岡本文弥門弟で,師のワキ語りをつとめたのち,一派をなした。阿波太夫節は正徳(しょうとく)(1711-16)のころから京都,大坂を中心に流行した。前名は岡本阿波太夫,岡本鳴渡太夫。別名に鳴戸阿波太夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鳴渡阿波太夫の関連キーワード富沢歌仙浄瑠璃

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android