コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴛海暘谷 おしのうみ ようこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴛海暘谷 おしのうみ-ようこく

1830-1890 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)元年生まれ。はじめ兄の米岳(べいがく)に,のち肥後熊本の木下犀潭(さいたん)にまなんだ。兄の養嗣子となり,家塾涵養学舎でおしえる。島原藩立高田学校の教職もつとめた。明治23年8月11日死去。61歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。名は濶。字(あざな)は梁夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鴛海暘谷の関連キーワード奴隷制廃止運動社会民主党(ドイツ)ドイツ映画民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)上野彦馬モルモン教

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android