コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下犀潭 きのした さいたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下犀潭 きのした-さいたん

1805-1867 江戸時代後期の儒者。
文化2年8月5日生まれ。肥後(熊本県)菊池郡の豪農の子。藩校時習館でまなび,成績優秀により名字帯刀をゆるされる。天保(てんぽう)6年江戸の佐藤一斎に入門。時習館訓導となり竹添(たけぞえ)進一郎,井上毅(こわし)らの門人をそだてた。慶応3年5月6日死去。63歳。名は業広。字(あざな)は子勤。通称は宇太郎,真太郎。別号に韡村(いそん),澹翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木下犀潭の関連キーワード坂田 警軒竹添進一郎木村弦雄渋江晩香坂田警軒井上 毅値賀盛純武藤環山木下広次木下韡村鴛海暘谷鶴田皓

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android