コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨脚加賀 いちょう かが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴨脚加賀 いちょう-かが

1826-? 江戸後期-明治時代の地下人(じげにん)。
文政9年4月10日生まれ。天保(てんぽう)4年非蔵人(ひくろうど)見習として出仕。安政5年条約勅許に反対し有志と上書。万延元年和宮御縁組御用掛,文久3年攘夷(じょうい)派とされ参朝停止となる。王政復古で慶応3年三職御用掛,4年参与,会計事務局判事,のち宮内中録などを歴任。山城(京都府)出身。名は光長(みつなが)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鴨脚加賀の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android