鴨脚加賀(読み)いちょう かが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴨脚加賀 いちょう-かが

1826-? 江戸後期-明治時代の地下人(じげにん)。
文政9年4月10日生まれ。天保(てんぽう)4年非蔵人(ひくろうど)見習として出仕。安政5年条約勅許に反対し有志と上書。万延元年和宮御縁組御用掛,文久3年攘夷(じょうい)派とされ参朝停止となる。王政復古で慶応3年三職御用掛,4年参与,会計事務局判事,のち宮内中録などを歴任。山城(京都府)出身。名は光長(みつなが)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android