鶏籠山(読み)けいろうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶏籠山
けいろうざん

兵庫県南西部,たつの市にある山。標高 210m。石英粗面岩の孤立丘陵で,山体が鶏籠 (とりかご) に似ていることが山名の由来。 250種余の植物や 200種余の野鳥がみられることで有名。山頂は赤松氏の朝霧城のあったところ。山麓には脇坂氏5万 3000石の旧城址や京都の二条城から移された聚遠亭,三木露風詩碑で知られる龍野公園がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けいろう‐の‐やま【鶏籠山】

中国、湖北省武昌の南東方、陽新県にある山。形がとりかごに似ているところからの称という。転じて、わが国では、詩文などの中で、情景中のある山、または鶏(とり)の鳴く山をさしていう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android