コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶏籠山 けいろうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶏籠山
けいろうざん

兵庫県南西部,たつの市にある山。標高 210m。石英粗面岩の孤立丘陵で,山体が鶏籠 (とりかご) に似ていることが山名の由来。 250種余の植物や 200種余の野鳥がみられることで有名。山頂は赤松氏の朝霧城のあったところ。山麓には脇坂氏5万 3000石の旧城址や京都の二条城から移された聚遠亭,三木露風詩碑で知られる龍野公園がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鶏籠山の関連キーワード西播丘陵県立自然公園龍野城蕭子良赤松

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android