コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木露風 みき ろふう

美術人名辞典の解説

三木露風

詩人。明治32年生。昭和39年(1964)歿

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三木露風【みきろふう】

詩人。本名操。兵庫県生れ。1907年相馬御風らと早稲田詩社を結成,1909年詩集《廃園》を発表,北原白秋の《邪宗門》と併称された。以後文語象徴詩に進み,《白き手の猟人》でその詩風を完成させた。
→関連項目蒲原有明山田耕筰

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三木露風 みき-ろふう

1889-1964 明治-昭和時代の詩人。
明治22年6月23日生まれ。42年第2詩集「廃園」でみとめられ,北原白秋とともに「白露」と併称される。大正2年「白き手の猟人(かりゅうど)」により象徴主義の詩風を確立。のちカトリック信仰にはいり,宗教詩にむかった。童謡「赤とんぼ」の作詞でも著名。昭和39年12月29日死去。75歳。兵庫県出身。慶応義塾中退。本名は操。
格言など】象徴は魂の窓である(「冬夜手記」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みきろふう【三木露風】

1889‐1964(明治22‐昭和39)
詩人。兵庫県の生れ。本名操。早大,慶大中退。1905年,16歳で処女詩歌集《夏姫》を出版,早熟詩才として出発。〈早稲田詩社〉の結成,口語詩の先駆的試作,そして第2詩集《廃園(はいえん)》(1909)によって北原白秋と並んで白露時代と呼ばれる明治末期の輝かしい代表詩人としての地位を確立した。歌曲にもなってよく愛唱された彼の詩はこの時期のもの。やがて抒情的作風は第3詩集《寂しき曙》(1910),第4詩集《白き手の猟人》(1913)などの象徴詩風へ,そして第6詩集《幻の田園》(1915)の宗教詩風へと移行するが,その背後には北海道の修道院でのキリスト教への帰依と実践があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みきろふう【三木露風】

1889~1964) 詩人。兵庫県生まれ。本名、操。早大・慶大中退。北原白秋とともに白露時代と呼ばれた一時代を画した。フランス象徴詩の手法に東洋的・瞑想的詩情が盛られている。後年は宗教的傾向を増した。詩集「廃園」「白き手の猟人」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三木露風
みきろふう

[生]1889.6.23. 兵庫,竜野
[没]1964.12.29. 東京
詩人。本名,操。中学時代すでに詩歌集『夏姫』 (1905) を刊行。 1907年早稲田大学に入学,同年相馬御風,野口雨情らと早稲田詩社を結成。その成果を詩集『廃園』 (09) で問い,たちまち北原白秋と並ぶ二大新鋭詩人の評価を受けた。次いで憂愁をたたえた『寂しき曙』 (10) を経て『白き手の猟人』 (13) にいたり,露風詩の絶頂を示した。 13年川路柳虹,西条八十らと未来社を起し象徴主義を目指したが,『良心』 (15) 以降はカトリック詩人の色彩を強くし,次第に沈滞した。『赤とんぼ』など童謡にも功績を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三木露風
みきろふう
(1889―1964)

詩人。本名操。明治22年6月23日、兵庫県龍野(たつの)町(現たつの市)に生まれる。早稲田(わせだ)大学文科、慶応義塾大学文学部をともに中退。露風と号し早くから『少国民』『言文一致』などに詩歌を投稿した。詩歌集『夏姫』(1905)を自費出版後上京、北原白秋(きたはらはくしゅう)、前田夕暮(まえだゆうぐれ)、若山牧水(わかやまぼくすい)らを知る。また短歌結社車前草社(しゃぜんそうしゃ)に参加、翌年相馬御風(そうまぎょふう)、人見東明(ひとみとうめい)、野口雨情(のぐちうじょう)らと早稲田詩社をおこし、川路柳虹(かわじりゅうこう)らと詩誌『未来』(1914)を創刊、『早稲田文学』『三田文学』などを発表舞台として旺盛(おうせい)な活躍をみせ、象徴詩の立場から明治末期から大正初期の詩壇に一時代を画した。文語自由詩を主体とした叙情詩集『廃園』(1909)は白秋の『邪宗門』(1909)と並称された。ほかに『寂しき曙(あけぼの)』(1910)、「象徴は魂の窓である」とした、日本象徴詩の一頂点を示す象徴詩集『白き手の猟人(かりゅうど)』(1913)、『幻の田園』(1915)などがあるが、『良心』(1915)以後、『牧神』(1920)を創刊するなど宗教詩の世界へ向かった。修道院詩集『信仰の曙(あけぼの)』(1922)、第二修道院詩集『神と人間』(1926)などのほかに、童謡集『真珠島』(1921)、『象徴詩集』(1922)、『露風話』(1915)などがある。昭和39年12月29日交通事故により死去。童謡『赤とんぼ』(山田耕筰(やまだこうさく)作曲)の作詞者として知られ、生地のたつの市にその碑がある。[原 子朗]
『『三木露風全集』全3巻(1972~1974・同全集刊行会) ▽『日本の詩2 三木露風他集』(1979・集英社) ▽『明治文学全集59 三木露風他集』(1969・筑摩書房) ▽安部宙之介著『三木露風研究』『続・三木露風研究』(1964、1969・木犀書房) ▽『研究資料現代日本文学7 詩』(1980・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三木露風の関連キーワード霞城館・矢野勘治記念館文庫(文芸雑誌)飛鳥田 孋無公安部 宙之介小春 久一郎増野 三良萩原朔太郎喜志 邦三三木 露風灰野 庄平上里 春生入沢 涼月霜田 史光森川 葵村竹内勝太郎龍野〈市〉車前草社加藤介春碧川かた矢野峰人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三木露風の関連情報