コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石英粗面岩 セキエイソメンガン

百科事典マイペディアの解説

石英粗面岩【せきえいそめんがん】

流紋岩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

石英粗面岩

シチリア島北部のリパリ(Lipari)諸島に産する石は古くから熱すると膨張して浮石のようになることが記述されていた[Theophrastus : 320B.C.].黒い滑らかで緻密な岩石が加熱によって色も密度も変化する.これはおそらく熱膨張性松脂岩であろう.ロスは1861年この岩石に石英粗面岩(liparite)と命名したが[Roth : 1961],リヒトホーフェンが1860年に命名した流紋岩(rhyolite)と同じものであり[Richthofen : 1860],流紋岩の方が命名した年代が早く一般的に受け入れられている.日本語の石英粗面岩は1886年に中島謙造が付けたようである[歌代ほか : 1978].しかし石英粗面岩を訳すとquartz-trachyteとなり,これはlipariteとは意味が異なる別の岩石であって,lipariteを石英粗面岩とする訳語は不適当である.しかし現在の岩石の分類の中にはrhyoliteとlipariteを区別して扱う場合がある[Geotimes : 1972].

石英粗面岩

最初は石英安山岩と同義で,酸性の粗面岩とされた[Stache : 1863].後にツィルケルは酸性の粗面岩とし[Zirkel : 1866],花崗岩に対応する噴出岩としたが,これらは流紋岩と呼ばれるようになりこの岩石名は廃棄された[Tomkeieff : 1983].この岩石名を直接日本語に訳すと石英─粗面岩となる.従来からの石英粗面岩はlipariteの訳であるが,現在ではどちらの石英粗面岩も日本語の岩石名としては使用しない.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石英粗面岩
せきえいそめんがん

流紋岩」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石英粗面岩
せきえいそめんがん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石英粗面岩の関連キーワード西播丘陵県立自然公園横石藤七兵衛曾々木海岸斜長流紋岩勝光山鉱山珪酸質土壌山内[町]新宮[町]尾去沢鉱山吾妻渓谷赤穂御崎長走風穴浄土ヶ浜箒川渓谷三陸海岸赤谷鉱山家島諸島土畑鉱山雪彦山鬱陵島

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android