鶴沢探真(読み)つるさわ たんしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴沢探真 つるさわ-たんしん

1834-1893 幕末-明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)5年1月28日生まれ。狩野派の画法を父鶴沢探竜にまなぶ。御所の絵師をつとめ,文久元年法眼(ほうげん)。のち帝国博物館御用掛,宮内省御用掛などをつとめた。明治26年6月30日死去。60歳。京都出身。名は守保。別号に探玄,九皐館。作品に「雨中鷺荷図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android