コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢清七(3代) つるざわ せいしち

1件 の用語解説(鶴沢清七(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴沢清七(3代) つるざわ-せいしち

?-1856 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
2代鶴沢清七の門弟。3代竹本長門太夫(ながとだゆう)の三味線方をつとめた。天保(てんぽう)13年3代清七を襲名。4代鶴沢友次郎,4代鶴沢寛治とならんで名手と評された。安政3年9月23日死去。但馬(たじま)(兵庫県)出身。初名は鶴沢泰吉。前名は鶴沢勝右衛門(初代)。通称は但馬の鬼勝。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鶴沢清七(3代)の関連キーワード結城寅寿ミシンネアンデルタール人原子元素バーバリー佐藤昌介広瀬淡窓と咸宜園ノーフォーク島の歴史浅井忠

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone