鶴見正夫(読み)つるみ まさお

  • 鶴見正夫 つるみ-まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1926-1995 昭和後期-平成時代の童謡詩人,児童文学作家。
大正15年3月19日生まれ。昭和38年阪田寛夫(ひろお)らと童謡の創作運動の会「6の会」を結成する。51年「あめふりくまのこ」で日本童謡賞。平成3年サトウハチロー賞。平成7年9月7日死去。69歳。新潟県出身。早大卒。ほか詩集「日本海の(うた)」,少年小説「のくる」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android