鷺ノ森別院(読み)サギノモリベツイン

デジタル大辞泉の解説

さぎのもり‐べついん〔‐ベツヰン〕【鷺ノ森別院】

和歌山市鷺ノ森にある浄土真宗本願寺派別院開創は文明8年(1476)、蓮如に帰依した了賢が建てた道場に始まる。天正8年(1580)から同11年まで、顕如教団の本山とした。雑賀(さいか)御坊。鷺ノ森御坊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さぎのもりべついん【鷺ノ森別院】

和歌山市鷺森にある浄土真宗本願寺派の別院。室町末期、了賢の開創。1580年織田信長との対立から石山本願寺を放棄した顕如が当寺に三年余の間移住し、その間本山となった。鷺森御坊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android