コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕如 けんにょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顕如
けんにょ

[生]天文12(1543).大坂石山
[没]文禄1(1592).11.24. 京都
安土桃山時代の一向宗の僧。本願寺 11世。同 10世証如の長子。名は光佐。天文 23 (1554) 年,証如の跡を継いで宗主となり,永禄2 (59) 年門跡に列せられ,本願寺に坊官をおき,院家の制を設けた。元亀1 (70) 年西国経略途上の織田信長と衝突し,以後 10年間にわたり,一向一揆を組織して交戦したが,天正8 (80) 年,正親町 (おおぎまち) 天皇の仲裁で和し,石山を退去し,紀伊鷺森,和泉貝塚へと移り,同 13年大坂に帰った。同 19年豊臣秀吉に京都堀河の地を与えられ,この間大僧正に補任され,本願寺の基礎を確立した。その子教如准如のとき東,西両本願寺が成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

顕如【けんにょ】

戦国末期の僧。証如(しょうにょ)の長男。京都本願寺11世法主。西本願寺の基礎確立者。諱(いみな)は光佐(こうさ)。門徒を率い石山本願寺で織田信長の軍と11年間戦ったが,正親町(おおぎまち)天皇の命により和議。
→関連項目石山合戦教如雑賀一揆長島一揆西本願寺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

顕如 けんにょ

1543-1592 戦国-織豊時代の僧。
天文(てんぶん)12年1月6日生まれ。証如の長男。天文23年浄土真宗本願寺11世,永禄(えいろく)2年本願寺初の門跡(もんぜき)となる。元亀(げんき)元年織田信長と開戦し,天正(てんしょう)8年正親町(おおぎまち)天皇の仲介によって講和,紀伊(きい)鷺森(さぎのもり)(和歌山県)に退去した。豊臣秀吉から京都堀川の地(現西本願寺の地)を寄進された。天正20年11月24日死去。50歳。大坂出身。名は光佐。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

顕如

没年:文禄1.11.24(1592.12.27)
生年:天文12.1.6(1543.2.9)
安土桃山時代の真宗の僧。本願寺11世で,織田信長との石山合戦を主導したことで有名。摂津国大坂に生まれる。本願寺証如 と顕能尼の子。諱は光佐。天文23(1554)年12歳で継職し,祖母慶寿院(鎮永)の補佐を受けて教団を運営した。永禄2(1559)年には,懸案であった門跡に列せられ,同4年親鸞の三百回忌を,諸宗派の参列をえて賑々しく厳修した。参詣者が競って御堂へ押し寄せ,故意に倒れて圧死しようとした事実を見聞したポルトガル人宣教師ガスパル・ヴィレラの報告(『耶蘇会士日本通信』)は,このころの本願寺の様子を描いたものである。永禄11(1568)年に織田信長が上洛すると,畿内とその近国の政治的緊張感は増大し,本願寺もその渦中に置かれた。同年信長から課された矢銭5000貫は供出したが,以後も難題をもちかけられたため,元亀1(1570)年摂津への進軍を機に,諸国の門徒に檄を飛ばして敵対した。武田,浅井,朝倉各氏などの同盟者と連絡をとり,毛利氏の援助を受けて10年の戦(石山合戦)を継続したが,天正8(1580)年天皇の仲介により和睦,紀伊国(和歌山県)鷺森に退去した。信長のあとを継いだ豊臣秀吉とは友好関係を保ち,天正19(1591)年京都堀川七条に寺地寄進を受け,翌年古地京都に本願寺を再興したが,その年,50歳で死去した。<参考文献>『天文日記』(証如の日記),『私心記』(蓮如の子・実従の日記),『本願寺文書』『宇野主水日記』

(草野顕之)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんにょ【顕如】

1543‐92(天文12‐文禄1)
戦国時代の浄土真宗の僧。諱(いみな)は光佐,号は信楽院。本願寺第11世。証如の長男。本願寺は証如時代から権勢を強め,戦国大名の注目を集めたが,顕如誕生の翌年には細川晴元から婚約の申入れがあり,後年その養女を六角義賢の猶子として内室に迎えた(如春尼)。1554年(天文23)12歳で法灯を継ぐ。59年(永禄2)には証如時代から望んでいた門跡に列せられ地位の向上をみた。諸大名接近の例としては,北条氏康が上杉景虎との対立から本願寺の援助を望み,相模国内の一向宗禁制を60年ぶりに解除,武田晴信が上杉への牽制のため加賀・越中の門徒の上杉領への侵入を顕如に依頼,六角,浅井,朝倉氏らが織田信長への対抗上領内の一向一揆と結んだこと等があげられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けんにょ【顕如】

1543~1592) 安土桃山時代の浄土真宗の僧。本願寺一一世。諱いみなは光佐。石山本願寺に生まれ、一二歳で住持となる。1570年より織田信長と10年にわたって戦ったが、勅命によって和議し、紀伊に移った。やがて大坂に戻り、豊臣秀吉から寄進された京都堀川の地に移り、本願寺、のちの西本願寺を造営した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顕如
けんにょ
(1543―1592)

安土(あづち)桃山時代の浄土真宗の僧。本願寺第11代宗主。諱(いみな)は光佐(こうさ)。天文(てんぶん)12年正月6日に生まれる。父は証如(しょうにょ)、母は権中納言(ごんちゅうなごん)庭田重親(しげちか)の女(むすめ)増進院。九条稙通(たねみち)の猶子(ゆうし)となる。1554年(天文23)8月12日、石山本願寺で得度し、翌55年(弘治1)4月法眼(ほうげん)に叙せられる。15歳で細川晴元(はるもと)の女と結婚し、58年(永禄1)長子教如(きょうにょ)を生む。翌年、式料貢献の賞として門跡(もんぜき)に補され、本願寺はここに初めて門跡寺院となる。70年(元亀1)9月、織田信長と対立して諸国の門徒に挙兵を促し、以来、80年(天正8)まで信長と戦う。しかし同年4月9日、勅命によって和睦(わぼく)し石山本願寺を退出、紀州(和歌山県)鷺森(さぎのもり)に移る。合戦時代に顕如が諸方に発給した書状は「顕如上人(しょうにん)文案」に収められ、西本願寺に現存する。信長の死後、83年7月、本願寺を和泉(いずみ)(大阪府)の貝塚に移したが、豊臣(とよとみ)秀吉から大坂天満(てんま)の地を与えられて同年8月に寺基を同地に移す。91年3月さらに秀吉から京都西六条の地を寄進され、同年8月顕如・教如父子はこれに移る。現在の西本願寺の地がそれである。天正(てんしょう)20年11月24日50歳で没し、諡(おくりな)を信楽院(しんぎょういん)と称する。[北西 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

顕如 (けんにょ)

生年月日:1543年1月6日
安土桃山時代の真宗の僧
1592年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の顕如の言及

【石山本願寺一揆】より

… 1568年(永禄11)入洛した信長は70年石山明渡しを要求し,本願寺はこれを拒絶して緊張は激化していた。同年8月信長は摂津中之島に三好三人衆を攻めたが,その後本願寺を攻撃するとの風聞がしきりとなり,法主顕如は諸国門徒に蜂起を指令し,9月12日に信長を攻めた。本願寺が三好・六角・浅井・朝倉・武田と同盟したため,各地の一揆は彼らと結んで信長と戦った。…

【一向一揆】より

…これらは畿内の流通の結節点となるとともに,そこに集積された富と技術は本願寺の経済的基盤となった。
[第3期――16世紀後半(法主顕如)]
 1554年に顕如が11世法主となる。このころになると各地の戦国大名は領国内の一向一揆の蜂起を恐れて,布教を禁止した。…

【織田信長】より

…そして68年足利義昭を擁して上洛,三好三人衆を追って幕府を再興,実質的な畿内支配を実現した。そして将軍のため二条城を造営する一方,殿中掟・事書五箇条を定めて将軍権力を牽制し,70年(元亀1)浅井・朝倉軍を近江姉川の戦に破り,ついで河内に進出したところ石山の本願寺顕如が決起して浅井・朝倉軍に呼応したため退却し,天皇の権威をかりて講和した。ついで将軍の失政を責め,73年(天正1)ついに幕府を倒し,宿敵浅井・朝倉両氏を滅ぼし,翌年伊勢長島の一向一揆を鎮圧,75年には三河長篠の戦に武田勝頼の精鋭を破って鉄砲隊の威力を示し,また丹波・丹後の征服を開始,8月越前の一向一揆を鎮定し,柴田勝家ら直属部将を分封,国掟を与えて専制支配の姿勢を明らかにした。…

【本願寺】より

…天下統一に着手した織田信長がこの地を入手しようと図り,70年(元亀1)本願寺を攻め,石山合戦(石山本願寺一揆)が始まった。80年(天正8)朝廷の斡旋により信長と講和し,11世顕如らは石山本願寺を退去して紀伊国鷺森に寺基を移した。その後83年和泉国貝塚,85年大坂天満(てんま)を経て91年豊臣秀吉の命により京都七条堀川に寺を移した(西本願寺)。…

※「顕如」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

顕如の関連キーワード石山本願寺日記石山本願寺一揆鷺ノ森別院本願寺光佐教如(1)本願寺境内本願寺顕如延暦寺焼打山科言経三好康長下間頼廉津村別院松井友閑近衛前久下間仲孝東本願寺教如上人生年月日下間頼竜鷺森御坊

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

顕如の関連情報