コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿威し シシオドシ

大辞林 第三版の解説

ししおどし【鹿威し】

添水そうず」に同じ。
田畑に来る鳥獣を追い払うための装置。添水・鳴子など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ししおどし【鹿威し】

日本庭園の施設の一つ。一方を切り落とした竹筒支点でささえ、その切り口に水を注いでためると、重みで下がるとともに水が流れ出る。その反動ではね上がり、他端が下に置かれた石などを打って音を出すしかけのもの。元来は田畑を荒らすいのししやしかなどを追い払うためのもの。◇「添水(そうず)」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

鹿威しの関連キーワード鳥獣