鹿威し(読み)シシオドシ

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ししおどし【鹿威し】

日本庭園の施設の一つ。一方を切り落とした竹筒支点でささえ、その切り口に水を注いでためると、重みで下がるとともに水が流れ出る。その反動ではね上がり、他端が下に置かれた石などを打って音を出すしかけのもの。元来は田畑を荒らすいのししやしかなどを追い払うためのもの。◇「添水(そうず)」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿威しの関連情報