コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島幹重 かしま もとしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島幹重 かしま-もとしげ

?-? 南北朝時代の武将。
観応3=正平(しょうへい)7年(1352)足利尊氏にしたがい武蔵(むさし)小手指ケ原(埼玉県)で新田義宗とたたかう。のち鎌倉公方足利氏満の指揮下で下野(しもつけ)(栃木県)の小山(おやま)義政を攻め,さらにその子若犬丸をたおすのに功があった。通称は兵庫大夫。号は永光。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鹿島幹重

生年:生没年不詳
南北朝時代の武将。常陸国(茨城県)の鹿島神宮大行事。官途は兵庫大夫,越前守。鹿島氏は常陸大掾より出る。幹寛の子。『太平記』によれば,文和1/正平7(1352)年,足利尊氏に従い,武蔵国小手指原で新田義宗らと戦ったことが知られる。その後,康暦2/天授6(1380)年に鎌倉公方足利氏満に従って,小山義政を攻める軍に加わり,至徳3/元中3(1386)年には,小山若犬丸の拠る小山(栃木県小山市)の祇園城を攻略し,さらに応永3(1396)年に,再起した若犬丸を陸奥白河で破った。

(伊藤喜良)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android