鹿遊び(読み)しかあそび

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿遊び
しかあそび

子供遊びの一種。この遊びは3人を必要とする。まず、じゃんけんをして負けた子が馬になり、さらに2人のうち1人が騎手、1人が行司の役をし、馬になった子が両手で両膝下(ひざした)を握ってうつむいているところへ、騎手になった子は馬乗りになり、片手をあげて何本かの指を出して「鹿鹿、角(つの)何本」と問いかけると、下の子がその数を当てるという遊びである。馬の子は、背中で指を示されるわけで、数がわからないから適当な数をいい、当たったら交代するが、その判定をするために行司役の子を必要とする。多人数のときは、1人が柱などにつかまって立ち、後の者は順々にその腰につかまって長くつながる。上になる子は、走ってきた勢いで下の子供たちの背に乗って「鹿鹿」の問いを出す。これは明治時代に外国から入ってきたもので、世界各国に広まっている遊びであるが、日本では昭和初期にはすでに忘れられてしまった遊びである。[丸山久子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android