コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿野道彦 かの みちひこ

1件 の用語解説(鹿野道彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿野道彦 かの-みちひこ

1942- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和17年1月24日生まれ。父・鹿野彦吉の秘書をへて,自民党公認で昭和51年衆議院議員に初当選(当選11回)。平成元年第1次海部内閣の農水相。4年宮沢改造内閣国務相,総務庁長官。6年自民党を離党,「新党みらい」代表。同年新進党結成にくわわる。10年民政党などをへて民主党にくわわり,副代表につく。翌年同党国会対策委員会委員長。17年総選挙で落選したが,21年当選して国政に復帰した。22年菅改造内閣の農林水産相に就任,23年の野田連立内閣でも農林水産相に留任。24年の総選挙,25年参議院選挙で落選。山形県出身。学習院大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鹿野道彦の関連キーワード糸山英太郎内山秀夫大久保直彦岡野加穂留佐々木毅多賀谷真稔原田憲東中光雄藤原保信正森成二

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿野道彦の関連情報