コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿野道彦 かの みちひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿野道彦 かの-みちひこ

1942- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和17年1月24日生まれ。父・鹿野彦吉の秘書をへて,自民党公認で昭和51年衆議院議員に初当選(当選11回)。平成元年第1次海部内閣の農水相。4年宮沢改造内閣の国務相,総務庁長官。6年自民党を離党,「新党みらい」代表。同年新進党結成にくわわる。10年民政党などをへて民主党にくわわり,副代表につく。翌年同党国会対策委員会委員長。17年総選挙で落選したが,21年当選して国政に復帰した。22年菅改造内閣の農林水産相に就任,23年の野田連立内閣でも農林水産相に留任。24年の総選挙,25年参議院選挙で落選。山形県出身。学習院大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鹿野道彦の関連キーワード民主党代表選と地方議員票野田佳彦内閣鹿野 彦吉制限開門浜田太一

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿野道彦の関連情報