鹿野道彦(読み)かの みちひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿野道彦 かの-みちひこ

1942- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和17年1月24日生まれ。父・鹿野彦吉の秘書をへて,自民党公認で昭和51年衆議院議員に初当選(当選11回)。平成元年第1次海部内閣の農水相。4年宮沢改造内閣の国務相,総務庁長官。6年自民党を離党,「新党みらい」代表。同年新進党結成にくわわる。10年民政党などをへて民主党にくわわり,副代表につく。翌年同党国会対策委員会委員長。17年総選挙で落選したが,21年当選して国政に復帰した。22年菅改造内閣の農林水産相に就任,23年の野田連立内閣でも農林水産相に留任。24年の総選挙,25年参議院選挙で落選。山形県出身。学習院大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android