コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦漆 ムギウルシ

2件 の用語解説(麦漆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むぎ‐うるし【麦漆】

生漆(きうるし)小麦粉をまぜたもの。陶磁器・漆器などの破損部の接着に用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の麦漆の言及

【漆工芸】より


【材料と技法】

[漆]
 漆は生漆(きうるし)と精製漆に大別される。生漆は漆下地,麦漆(むぎうるし)(生漆に小麦粉を混和したもの),拭漆(ふきうるし)などに用いられ,常温で乾固させる。精製漆は,生漆を攪拌して漆を均一にする〈なやし〉,太陽熱などを利用して漆の水分をとり粘稠(ねんちゆう)性をもたせる〈くろめ〉という工程を加えたものである。…

※「麦漆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone