麦漆(読み)むぎうるし

精選版 日本国語大辞典「麦漆」の解説

むぎ‐うるし【麦漆】

〘名〙 小麦粉生漆(きうるし)を混ぜ合わせた接着剤。陶磁器木地の割れた部分などを接着させるのに用いる。
※仮名草子・尤双紙(1632)下「はんだ。むぎうるし。まむしのしゃうね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の麦漆の言及

【漆工芸】より


【材料と技法】

[漆]
 漆は生漆(きうるし)と精製漆に大別される。生漆は漆下地,麦漆(むぎうるし)(生漆に小麦粉を混和したもの),拭漆(ふきうるし)などに用いられ,常温で乾固させる。精製漆は,生漆を攪拌して漆を均一にする〈なやし〉,太陽熱などを利用して漆の水分をとり粘稠(ねんちゆう)性をもたせる〈くろめ〉という工程を加えたものである。…

※「麦漆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android