まむし(読み)マムシ

大辞林 第三版の解説

まむし

〔「まぶし」の転〕
京阪地方で、鰻飯うなぎめしの称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まむし

〘名〙 (「まぶし」の変化した語) 関西で、鰻飯(うなぎめし)をいう。→まぶし
※落語・浮世話(1893)〈三代目三遊亭円遊〉「西京では鰻の丼の事を、(マムシ)御上りやと云ふが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のまむしの言及

【ウナギ(鰻)】より

… ウナギの料理は,蒲焼およびそれを飯の上にのせてたれをかけたウナギ飯(うなどん,うな重)がもっともよく,それに緑茶をかけるウナギ茶漬も賞味される。関西ではウナギ飯を〈まむし〉とも呼び,蒲焼を飯の間に入れたり,小さく切って飯に混ぜたりする。〈まむし〉は〈まぶし〉の転で,飯にまぶすためという。…

※「まむし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まむしの関連情報