コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦芽発泡酒 ばくがはっぽうしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麦芽発泡酒
ばくがはっぽうしゅ

麦芽を原料の一部に使用し,ビールに近い味と香りをもたせたアルコール飲料。麦芽の使用率を抑えてビールより低価格にし,1994年から販売が始まった。日本の酒税法はビールの麦芽使用率を 66.7%以上と定め,使用率 66.7%未満のものは雑酒としてビールより低い税率が適用されたため,低価格が可能となった。 1996年の税制改正で麦芽使用率 50%以上の発泡酒の税率がビールと同率に引き上げられ,以後の発泡酒は麦芽使用率 25%未満が主流。ビールと発泡酒を合わせた出荷数量に発泡酒が占める割合は 2001年に 30%をこえた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

麦芽発泡酒の関連キーワード酒税法

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android