コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻実れい あさみ れい

2件 の用語解説(麻実れいの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

麻実れい あさみ-れい

1950- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和25年3月11日生まれ。昭和45年宝塚歌劇団にはいり,「ハロー・タカラヅカ」で初舞台。51年「ベルサイユのばら」のアンドレ役にえらばれ,55年雪組男役トップスターとなる。「風と共に去りぬ」のバトラー役などをつとめる。60年退団し,「マクベス」など舞台で活躍。平成16年「桜の園」「AOI/KOMACHI」で芸術選奨文部科学大臣賞。19年「黒蜥蜴(くろとかげ)」で朝日舞台芸術賞。23年「冬のライオン」「おそるべき親たち」の演技で読売演劇大賞最優秀女優賞。東京出身。宝塚音楽学校卒。本名は田中孝子

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

麻実 れい


芸名
麻実 れい

性別
女性

出身地
東京都

身長
172cm

職種
タレント・俳優・女優/音楽

プロフィール
1970年に宝塚歌劇団に入団。雪組男役トップスターとして活躍し、1985年、宝塚退団。退団後は、現代演劇の女優として数々の舞台に出演。ディナーショーやリサイタルでも活躍。主な出演舞台は、『鉈切り丸』『しゃばけ』『シカゴ』『マクベス』『危険な関係』『ハムレット』『サロメ』『停電の夜に』『サド公爵夫人』『トップ・ガールズ』など。また、山田洋二監督の映画『十五才 学校Ⅳ』に出演し新境地を開いた。2004年7月、ギリシャアテネの古代劇場、ヘロデス・アティコスにて『オイディプス王』、 2006年7月、英国ロイヤルシェイクスピアシアターにて『タイタス・アンドロニカス』、2007年には米国NYを含む東部主要都市を『AOI/KOMACHI』で巡演するなど海外でも舞台に立つ。2006年の紫綬褒章をはじめ、第35回紀伊國屋演劇賞個人賞、第24回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、第43回毎日芸術賞、第54回芸術選奨文部科学大臣賞、第3、18回読売演劇大賞最優秀女優賞ほか多数受賞。

代表作品
舞台『おそるべき親たち』(2010) / 舞台『炎 アンサンディ』(2014) / 舞台『夜への長い旅路』(2015)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麻実れいの関連キーワード麻実油カレイアサバガレイ麗麗しいスレイキレイキレイキレイキレイファミリーキレイママレインレイン・ボウ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

麻実れいの関連情報