コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻薬特例法 マヤクトクレイホウ

デジタル大辞泉の解説

まやくとくれい‐ほう〔‐ハフ〕【麻薬特例法】

《「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」の通称》薬物犯罪により得た収益を没収することにより、規制薬物に関する不正行為を防止するために定められた法律。麻薬新条約の批准に必要な国内法整備のため、平成3年(1991)に制定された。→薬物四法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

麻薬特例法の関連キーワード組織的犯罪処罰・犯罪収益規制法コントロールド・デリバリーコントロールドデリバリー裁判員裁判の対象事件マネーロンダリング金融活動作業部会おとり捜査麻薬二法薬物五法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麻薬特例法の関連情報