コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄侃 こうかん Huáng Kǎn

1件 の用語解説(黄侃の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうかん【黄侃 Huáng Kǎn】

1866‐1935
中国の文字音韻訓詁学者。字は季剛,晩年は量守居士と号した。湖北省蘄春(きしゆん)の人。日本留学中に章炳麟に師事,小学,経学を学び,帰国後は北京大学北京師範大学,金陵大学等の教授を歴任。清朝に流行した小学研究の伝統を継承し集大成した。研究と教学に専念し,生前発表された著述は少ないが,没後《黄侃論学雑著》が刊行され,《音略》《声韻略説》などが収められた。【松尾 良樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄侃の関連キーワード王念孫漢学顔師古訓詁学経学顧炎武音韻唐文字経典釈文通雅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone