コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄侃 こうかんHuáng Kǎn

世界大百科事典 第2版の解説

こうかん【黄侃 Huáng Kǎn】

1866‐1935
中国の文字音韻訓詁学者。字は季剛,晩年は量守居士と号した。湖北省蘄春(きしゆん)の人。日本留学中に章炳麟に師事,小学,経学を学び,帰国後は北京大学,北京師範大学,金陵大学等の教授を歴任。清朝に流行した小学研究の伝統を継承し集大成した。研究と教学に専念し,生前発表された著述は少ないが,没後《黄侃論学雑著》が刊行され,《音略》《声韻略説》などが収められた。【松尾 良樹】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

黄侃の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android