コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

章炳麟 しょうへいりんZhang Bing-lin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

章炳麟
しょうへいりん
Zhang Bing-lin

[生]同治8(1869)
[没]1936
中国,清末民国初の学者,革命家。浙江省余杭 (臨安県) の人。字,枚叔。号,太炎。初め兪 樾 (ゆえつ) に師事して『左氏伝』を学び,のち康有為らと結んで変法運動に参加したが,その改良主義にあきたらず,満州人王朝の統治を倒し漢民族による革命を唱えた。再三にわたって渡日し,孫文と知合い留学生による革命結社の創設に努め,その間留学生のために古典学を講じ,在日中の魯迅,周作人らにも教えた。学者としては『国故論衡』『検論』などの政治,学術論で,梁啓超らの今文派,公羊学説に反対し,『新方言』『文始』など音韻訓詁の著において古文派の立場を主張し,「国学」という概念をつくりあげて民国の学問に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐へいりん〔シヤウ‐〕【章炳麟】

[1869~1936]中国、清末・民国初の思想家。余杭(よこう)(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は枚叔(ばいしゅく)。号、太炎。漢民族による民族主義革命を主張。孫文黄興(こうこう)と並んで革命三尊と称されたが、のちに彼らと対立。辛亥(しんがい)革命後は学問著述に専念した。著「章氏叢書」「太炎文録続編」など。チャン=ピンリン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

章炳麟【しょうへいりん】

中国,清末民国初期の学者,革命家。浙江省の人。号は太炎。顧炎武王夫之の思想に強く影響を受け,徹底した民族主義者で復古的であった。清末革命運動の指導者となり,《蘇報》《民報》などで激しい反清の論陣をはり,日本に3度亡命。
→関連項目光復会蔡元培

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

章炳麟 しょう-へいりん

1869*-1936 中国の国学者,革命家。
同治(どうち)7年11月30日生まれ。明治35年日本で支那亡国242年紀念会を企画,在日留学生の革命気運をたかめる。中国革命同盟会機関誌「民報」の主筆をつとめ,孫文,黄興とともに辛亥(しんがい)革命の三尊とよばれた。清朝考証学にすぐれ,「国学大師」と称された。1936年6月14日死去。69歳。浙江(せっこう)省出身。字(あざな)は枚叔。号は太炎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうへいりん【章炳麟 Zhāng Bǐng lín】

1868‐1936
中国,辛亥革命の革命家,同時にいわゆる国学の大学者。字は枚叔,号は太炎。浙江省杭州府余杭県の人。早くから兪樾(ゆえつ)の下で考証学を研究し,経学ではあくまで《春秋左氏伝》による古文学派の立場をつらぬき,今文学派と対抗した。彼が孔子教運動に一貫して反対したのはその古文学派的立場に基づく。音韻学,方言学,諸子学では画期的な成果をあげ,仏教哲学とくに唯識哲学や因明学によって荘子や名学(古代論理学)を解釈するなど,中国の伝統諸学・清朝考証学を〈国学〉に改鋳するのに最も大きく貢献した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうへいりん【章炳麟】

1868~1936) 中国、清末・民国初期の学者・政治家。字あざなは枚叔ばいしゆく、号は太炎。伝統学術を再評価して、民族意識を鼓吹し、民族主義革命を主張、辛亥しんがい革命に大きな影響を与えた。孫文・黄興とともに革命の三尊と呼ばれる。清朝考証学最後の大家。著「章氏叢書そうしよ」「国学概論」など。チャン=ピンリン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

章炳麟
しょうへいりん / チャンピンリン
(1869―1936)

中国、清(しん)末から中華民国初期の思想家、学者。字(あざな)は枚叔(ばいしゅく)。号は太炎。同治7年11月30日(西暦1月12日)浙江(せっこう)省余杭(よこう)県に生まれる。若くして清末最大の学者兪(ゆえつ)に考証学を学び、当時流行していた今文(きんぶん)学派の公羊(くよう)学は好まず、実証的な古文学者となった。日清戦争の敗北に衝撃を受け、変法運動にはジャーナリストとして独特な形でかかわった。1900年の義和団事件を契機に革命を決意し、1902年(明治35)日本で「支那(しな)亡国二四二年紀念会」を開こうとしたが阻止された。1903年『蘇報(そほう)』に「康有為(こうゆうい)を駁(ばく)して革命を論ずる書」を書き、康有為らの、光緒帝(こうしょてい)による上からの改良主義を批判し、漢民族による下からの革命を訴え、革命支持の世論を喚起した。これがもとで下獄(『蘇報』事件)。1906年出獄後来日し、革命派の中央機関誌『民報』の主筆となり、「革命の道徳」「五無論」などを発表し、仏教の華厳(けごん)・法相(ほっそう)思想による革命道徳の提唱、無生主義による民族主義の位置づけなど、革命家はいかにあるべきか、革命はいかにあるべきかを追究し、革命思想を深化させた。のち、孫文(そんぶん)派と不和になり、資金を断たれ、その直後に『民報』が発禁となった。辛亥(しんがい)革命直後、1911年11月帰国し、中華民国を維持するため、旧立憲派と中華民国連合会などを組織し、人物に疑いをもっていた袁世凱(えんせいがい)に民国維持の望みをかけ、孫文、黄興(こうこう)ら革命派を過小評価し、彼らとたもとを分かった。のち、反袁に転じ幽閉されたが、袁を徹底的に批判した。1916年袁の死後釈放され、以後しだいに政治から離れ、「国学」大師として後進の指導、学問著述に専念した。新文化運動に際しては批判的で新知識人と対立したが、晩年、日本の侵略が激化すると、国民政府の不抵抗策を批判し、抗日を主張した。著作は『章氏叢書(そうしょ)』に収められている。[阿川修三]
『西順蔵・近藤邦康編訳『章炳麟集――清末の民族革命思想』(岩波文庫) ▽高田淳著『章炳麟・章士・魯迅――辛亥の生と死と』(1974・龍渓書舎) ▽近藤邦康著『中国近代思想史研究』(1981・勁草書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の章炳麟の言及

【黄興】より

…墓は長沙西郊岳麓山にある。理論・組織の孫文,文章・宣伝の章炳麟と黄興とを〈辛亥革命の三尊〉とよぶが,自己犠牲の敢闘精神に溢れた黄興の生涯はまさしく革命家としてのそれであった。なお宮崎滔天とは終生あい許しあい,日本人のなかではもっとも親密な間柄であった。…

【光復会】より

…帝政ロシアの東北(旧満州)侵略を引金に,1904年(光緒30)冬,上海で結成された。初代会長は蔡元培であったが,終始,章炳麟の強い影響下にあった。ほかに,陶成章,徐錫麟(じよしやくりん),秋瑾らも有名で,広く江浙一帯の教育界,商業界,会党からの支持を得ていた。…

【国故整理運動】より

…そうした風潮に対して,19年の五・四運動の前後から,中国固有の伝統思想や文化を学術的立場から新たに再検討し再評価しようとする運動が出現,それを国故整理運動という。国故整理の動きは,早くに清末の章炳麟を元祖とするが,より直接的には,17年にアメリカから帰国して北京大学教授となった26歳の胡適が書いた《中国哲学史大綱》(上巻,1919)を創始とし,およそ四つの分野からなる。第1は,胡適や梁啓超の《先秦政治思想史》に代表される先秦の諸子百家および仏教などについての思想史的研究。…

【注音字母】より

…表には残り37を示す。字母は,主にきわめて簡単な楷書の文字から採用されており,章炳麟の提案と一致するものが多い。〈注音符号〉とも呼ばれる。…

【中国同盟会】より

…反満共和のするどい主張は,ながらく進歩的言論界を牛耳ってきた《新民叢報》に代表される改良主義の論調を圧倒した。06年7月,蘇報事件の3年の刑期をつとめあげた章炳麟が来日して《民報》の主筆となると,彼の学者革命家としての名声が革命派の声価をいっそうたかめたが,彼は孫文とあわず,そのため同盟会は内部分裂を起こすことになる。その遠因は孫文,黄興らが華南での武装蜂起路線に執着しすぎたことにあるが(1906年12月から08年4月の間に6度),09年10月に孫文らは香港に南方支部をつくり,11年7月,宋教仁らは〈長江革命〉をとなえて上海に中部総会をつくった。…

【辮髪】より

…清末の漢民族の民族意識の高まりは,かくして辮髪を切ることが,異民族支配への抵抗の象徴となった。たとえば激烈な国粋学者章炳麟(しようへいりん)は,唐才常が自立軍を起こした際,断髪してその決意を示し,《解辮髪》を著した。《阿Q正伝》をはじめ魯迅の作品には辮髪の象徴的な意味がつねに描かれている。…

【文字学】より

…さらに王念孫が21部,江有誥(こうゆうこう)も《音学十書》において21部とする。その後章炳麟(しようへいりん)は《国故論衡》で23部,黄侃(こうかん)は28部と,時代がくだるにしたがい精密さを増していった。今では王力の29部が最も新しい部分けである。…

※「章炳麟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

章炳麟の関連キーワード民報(中国同盟会の機関誌)チャンピンリン1月12日太虚大師愛国学社注音符号きゅう書蘇曼殊柳亜子章士釗国学者華興会章太炎劉師培銭玄同鄒容黄侃

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android