黄健(読み)こうけん

世界大百科事典 第2版「黄健」の解説

こうけん【黄健 Hwang Kŏn】

1918‐91
朝鮮の作家。本名は再健。両江道生れ。ソウルで苦学した後,1935‐36年日本の明治大学にをおく。帰国後教員,記者をへて羊飼いの生活をおくる。解放後は平壌で記者をつとめるかたわら小説を書きはじめ,大学で文学教育にも当たったが,のち創作に専念。長編に解放後の北部高原地帯の農民生活を描いた《蓋馬高原》(1956)のほか,抗日武装闘争を内容とした《息子と娘》(1965),南北2人の科学者の運命をテーマとした《新しい航路》(1980)など。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる