コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄健 こうけん

3件 の用語解説(黄健の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄健
こうけん

「ファン・コン (黄健)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黄健【こうけん】

朝鮮の作家。本名は再健。両江道生れ。創作活動は解放後で長編《蓋馬高原》(1956年),《息子と娘》(1965年),《新しい航路》(1980年),短編《燃える島》(1959年)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうけん【黄健 Hwang Kŏn】

1918‐91
朝鮮の作家。本名は再健。両江道生れ。ソウルで苦学した後,1935‐36年日本の明治大学に籍をおく。帰国後教員,記者をへて羊飼いの生活をおくる。解放後は平壌で記者をつとめるかたわら小説を書きはじめ,大学で文学教育にも当たったが,のち創作に専念。長編に解放後の北部高原地帯の農民生活を描いた《蓋馬高原》(1956)のほか,抗日武装闘争を内容とした《息子と娘》(1965),南北2人の科学者の運命をテーマとした《新しい航路》(1980)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄健の関連キーワード三水摩天嶺山脈両江道石潤基千世鳳宋影北朝鮮の鉱物資源金天海金基鎮沈薫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄健の関連情報