コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓋馬高原 がいまこうげん

5件 の用語解説(蓋馬高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓋馬高原
がいまこうげん

「ケマ (蓋馬) 高原」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蓋馬高原【かいまこうげん】

朝鮮民主主義人民共和国の北東部,咸鏡南・北道,両江道,慈江道にまたがる台地。東西150km,南北130km,面積約2万km2。主として片麻岩,花コウ岩からなり,最高点は冠帽峰(2541m),平均標高1200m。
→関連項目咸鏡南道三水慈江道清川江長津江赴戦江赴戦嶺山脈両江道狼林山脈

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいまこうげん【蓋馬高原 Kaema‐kowŏn】

朝鮮半島北東部の溶岩台地咸鏡山脈の北側には,鴨緑江,豆満江河谷にかけて標高1000~2000mの緩傾斜地が広く分布しており,そのうち摩天嶺山脈以東を茂山高原狼林山脈までの西部を蓋馬高原という。平均高度1200m,面積は約4万km2に達する。蓋馬高原は中央部の頭雲峰(2487m),遮日峰(2506m)などの突出部を境として東の甲山高原と西の長津高原分かれる。高原上はモミ類などの針葉樹林帯がよく発達し,恵山,新賀坡鎮などを中心に林業が盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ケマこうげん【蓋馬高原】

朝鮮民主主義人民共和国の北東部を占める高原。焼畑農業を営む火田民の居住地。長津湖・赴戦湖などの人造湖がある。蓋馬かいま高原。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓋馬高原
かいまこうげん / ケーマーコウオン

朝鮮北部の中央を占め、面積2万平方キロメートルに及ぶ広大な高原。地形的には赴戦嶺(ふせんれい/プチョンリョン)山脈と狼林(ろうりん/ランニム)山脈に囲まれた高位置準平原で、高原の平均高度は1200メートル。高原の南東部は豊西高原、赴戦高原、長津(ちょうしん)高原が展開し、東側は咸鏡(かんきょう)山脈が北東から南西へ走っている。高原の西限はほぼ南北方向に走る狼林山脈であり、朝鮮第一の白頭山(はくとうさん/ペクトサン)(2750メートル)から南南東に摩天嶺(まてんれい)山脈が走っている。これらの高原には、河川の侵食作用や隆起運動によって階段状の平坦(へいたん)面を形成する2000メートル級の峻峰(しゅんぽう)が多い。
 蓋馬高原の気候は、中央部の高山地帯は寒冷で、周辺部は温和な大陸性気候である。年降水量も800ミリメートル以下の少雨地帯である。蓋馬高原に源を発する虚川江、赴戦江、長津江は、流域変更式による水力発電によって朝鮮東北工業地帯の大動脈の役割を果たしている。このほか原木生産と加工業が行われ、農業は耐寒性の麦類、ジャガイモ、亜麻(あま)、ホップなどの畑作物が主である。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓋馬高原の関連キーワード咸鏡北道朝鮮半島トムラウシ山西彼杵半島冠帽峰咸鏡道朝鮮系デカン溶岩台地咸鏡山脈先原溶岩台地

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone