蓋馬高原(読み)がいまこうげん

百科事典マイペディアの解説

蓋馬高原【かいまこうげん】

朝鮮民主主義人民共和国の北東部,咸鏡南・北道,両江道,慈江道にまたがる台地。東西150km,南北130km,面積約2万km2。主として片麻岩,花コウ岩からなり,最高点は冠帽峰(2541m),平均標高1200m。李朝時代の流刑地で,冬季寒冷のため農業の発達は遅れ,解放前は火田民が点在するにすぎなかったが,朝鮮戦争後総合開発に着手,水力発電,地下資源の開発,高原農業の近代化,牧畜,林業がすすめられた。
→関連項目咸鏡南道三水慈江道清川江長津江赴戦江赴戦嶺山脈両江道狼林山脈

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいまこうげん【蓋馬高原 Kaema‐kowŏn】

朝鮮半島北東部の溶岩台地咸鏡山脈の北側には,鴨緑江,豆満江河谷にかけて標高1000~2000mの緩傾斜地が広く分布しており,そのうち摩天嶺山脈以東を茂山高原狼林山脈までの西部を蓋馬高原という。平均高度1200m,面積は約4万km2に達する。蓋馬高原は中央部の頭雲峰(2487m),遮日峰(2506m)などの突出部を境として東の甲山高原と西の長津高原に分かれる。高原上はモミ類などの針葉樹林帯がよく発達し,恵山,新賀坡鎮などを中心に林業が盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ケマこうげん【蓋馬高原】

朝鮮民主主義人民共和国の北東部を占める高原。焼畑農業を営む火田民の居住地。長津湖・赴戦湖などの人造湖がある。蓋馬かいま高原。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓋馬高原
かいまこうげん / ケーマーコウオン

朝鮮北部の中央を占め、面積2万平方キロメートルに及ぶ広大な高原。地形的には赴戦嶺(ふせんれい/プチョンリョン)山脈と狼林(ろうりん/ランニム)山脈に囲まれた高位置準平原で、高原の平均高度は1200メートル。高原の南東部は豊西高原、赴戦高原、長津(ちょうしん)高原が展開し、東側は咸鏡(かんきょう)山脈が北東から南西へ走っている。高原の西限はほぼ南北方向に走る狼林山脈であり、朝鮮第一の白頭山(はくとうさん/ペクトサン)(2750メートル)から南南東に摩天嶺(まてんれい)山脈が走っている。これらの高原には、河川の侵食作用や隆起運動によって階段状の平坦(へいたん)面を形成する2000メートル級の峻峰(しゅんぽう)が多い。
 蓋馬高原の気候は、中央部の高山地帯は寒冷で、周辺部は温和な大陸性気候である。年降水量も800ミリメートル以下の少雨地帯である。蓋馬高原に源を発する虚川江、赴戦江、長津江は、流域変更式による水力発電によって朝鮮東北工業地帯の大動脈の役割を果たしている。このほか原木生産と加工業が行われ、農業は耐寒性の麦類、ジャガイモ、亜麻(あま)、ホップなどの畑作物が主である。[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android