コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄州寒食詩巻 こうしゅうかんしょくしかんHuang-zhou-han-shi-shi-juan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄州寒食詩巻
こうしゅうかんしょくしかん
Huang-zhou-han-shi-shi-juan

中国,北宋蘇軾の書いた神品第1に推称される真跡詩巻。澄心堂紙 (→文房四宝 ) に自作の『黄州寒食詩』2首が行書 17行に書かれている。2首とも元豊5 (1082) 年春に寒食の節 (中国の古俗) を迎えたときの作。先に筆禍を受けて獄に下されてのち,黄州 (湖北省) に流謫された頃の憂愁の思いを寄せている。おそらく詩ができてまもない頃の作であろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

黄州寒食詩巻の関連キーワード黄庭堅

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android