コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄州寒食詩巻 こうしゅうかんしょくしかん Huang-zhou-han-shi-shi-juan

1件 の用語解説(黄州寒食詩巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄州寒食詩巻
こうしゅうかんしょくしかん
Huang-zhou-han-shi-shi-juan

中国,北宋の蘇軾の書いた神品第1に推称される真跡詩巻。澄心堂紙 (→文房四宝 ) に自作の『黄州寒食詩』2首が行書 17行に書かれている。2首とも元豊5 (1082) 年春に寒食の節 (中国の古俗) を迎えたときの作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄州寒食詩巻の関連キーワード漁隠叢話赤壁賦曹知白楊凝式欧陽脩偽筆神品悪戯書墨竹金生

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄州寒食詩巻の関連情報