コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄州 こうしゅう

2件 の用語解説(黄州の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

黄州【こうしゅう】

朝鮮民主主義人民共和国,黄海北道北西部の町。京義線に沿い,松林支線の分岐点。黄州平野の中心で,黄州リンゴの産地。漢方薬材,鉄鉱の産出もある。
→関連項目黄海北道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうしゅう【黄州 Hwangju】

朝鮮民主主義人民共和国,黄海北道北部の郡。大同江の中・下流域に広く展開する楽浪準平原の一画をなし,郡中央を黄州江が西方へ貫流している。平野と水に恵まれた北朝鮮の代表的な穀倉地帯である。また,ところどころにみられる残丘の斜面は果樹園として利用され,黄州リンゴの産地として名高い。義州からソウルに至る幹線鉄道の京義線(現在は38度線で分断)が南北に走り,郡の中心地黄州邑は大同江河港都市の松林市への分岐点となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄州の関連キーワード北朝鮮黄海北道朝鮮民主主義人民共和国開城人民民主主義徳川松林羅津松岳脱北

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄州の関連情報