コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒食 カンショク

デジタル大辞泉の解説

かん‐しょく【寒食】

古代中国で、冬至から105日目に、火気を用いないで冷たい食事をしたこと。そのころは風雨が激しいので火災予防のためとも、また、一度火を断って新しい火で春を促すためともいう。 春》「―や壺の底なるししびしほ/虚子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんしょく【寒食 hán shí】

中国において,火の使用を禁じたため,あらかじめ用意した冷たい物を食べる風習。〈かんじき〉とも読む。冬至後105日目を寒食節と呼び,前後2日もしくは3日間,寒食した。この寒食禁火の風習は古来,介子推(かいしすい)の伝説(晋の文公の功臣。その焼死をいたんで,一日,火の使用を禁じた)と結びつけられるが,起源は,(1)古代の改火儀礼(新しい火の陽火で春の陽気を招く),(2)火災防止(暴風雨の多い季節がら)などが考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんしょく【寒食】

昔、中国で冬至後一〇五日目の日は風雨が激しいとして、この日には火を断って煮たきしない物を食べた風習。また、その日。冷食。かんじき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の寒食の言及

【寒食】より

…〈かんじき〉とも読む。冬至後105日目を寒食節と呼び,前後2日もしくは3日間,寒食した。この寒食禁火の風習は古来,介子推(かいしすい)の伝説(晋の文公の功臣。…

【清明】より

…唐代以降,郊外に出かけて酒宴を開く,いわゆる踏青(とうせい)の行事が盛んになったのも,新鮮な緑へのあこがれのためである。清明節は,禁火のために冷食する寒食節の後に直接連続する祝日であり,早朝になると,人々は一斉に新しい火を起こした。これを新火と呼ぶ。…

※「寒食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寒食の関連キーワード黄州寒食詩巻清明上河図ぶらんこ清明祭黄庭堅干菓子半仙戯桃花粥冷食蘇軾清明

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒食の関連情報