黄楊の小櫛(読み)ツゲノオグシ

デジタル大辞泉の解説

つげ‐の‐おぐし〔‐をぐし〕【黄楊の小×櫛】

黄楊の木で作った小櫛。つげぐし。
《「つげ」を「告げ」の意にとって》占いの一種。黄楊の櫛を持ち外へ出て、道祖神を念じ、来る人の言葉によって吉凶を占う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黄楊の小櫛の言及

【櫛】より

…奈良時代には,大陸より横櫛形の挽き櫛がもたらされた。《万葉集》に詠まれた〈黄楊(つげ)の小櫛(おぐし)〉はツゲ製の横櫛のことを指している。また,平城宮址からはイスノキ製の櫛が発見されている。…

※「黄楊の小櫛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android