黄楊(読み)ツゲ

デジタル大辞泉の解説

つげ【黄楊/柘植】

ツゲ科の常緑低木。関東以西の山地に自生。葉は対生で密につき楕円形で小さく堅い。、淡黄色の小花が群生する。材は緻密(ちみつ)で堅く(くし)・印材や将棋の駒などに用いられる。ほんつげ。朝熊(あさま)つげ。 花=春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄楊 (ツゲ)

学名:Buxus microphylla var.japonica
植物。ツゲ科の常緑低木・小高木,園芸植物,薬用植物

黄楊 (ツゲ)

植物。犬黄楊の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つげ【黄楊】

〘名〙
① ツゲ科の常緑小高木。本州中部以西・四国・九州の暖地の山中に生える。石灰岩、蛇紋岩地帯に多い。高さ約三メートル。樹皮は灰白色または淡褐色。若枝は四角柱状。葉は長さ一~二・五センチメートルの倒卵形で対生。春、葉腋に淡黄緑色の雄花が数個群がってつき、その中央に一個の雌花がある。花は花弁がなく四個の萼片がある。果実は長さ約一センチメートルの広楕円形で頂端に三本の柱頭が角状に残り、熟すと三裂する。葉が密にしげって美しいので庭木や生垣とされ、材は緻密で狂いが少なく印材・定規・櫛(くし)・将棋の駒・そろばん球などに用いる。漢名、黄楊。あさまつげ。ほんつげ。つげのき。
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)「大唐楽器一具 〈略〉黄楊撥一枚」
② 植物「いぬつげ(犬黄楊)」の異名。〔物品識名(1809)〕
③ 江戸時代、江戸深川の岡場所で、遊女の身の回りの装飾品や髪飾りなどがさびしいことをいう。
※洒落本・古契三娼(1787)「しかけやなにかのさみしいことを黄楊(ツゲ)だのといいやす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android