小櫛(読み)こぐし

精選版 日本国語大辞典 「小櫛」の意味・読み・例文・類語

こ‐ぐし【小櫛】

  1. 小櫛〈渓斎英泉画〉
    小櫛〈渓斎英泉画〉
  2. 〘 名詞 〙 女の差櫛の一種。江戸末期、江戸下町の長屋婦女前髪や鬢(びん)にさした三寸(約九センチメートル)くらいの黄楊(つげ)製のもの。〔随筆守貞漫稿(1837‐53)〕

お‐ぐしを‥【小櫛】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「お」は接頭語 ) 櫛。また、小さな櫛。
    1. [初出の実例]「志賀の海人(あま)海藻(め)刈り塩焼き暇無み髪梳(くしげ)の小櫛(をぐし)取りも見なくに」(出典万葉集(8C後)三・二七八)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android