コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若菜集 わかなしゅう

6件 の用語解説(若菜集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若菜集
わかなしゅう

島崎藤村の第1詩集。 1897年刊。近代日本のロマンチシズムさきがけとして,典雅な七五定型詩の調べにのせて青春のみずみずしい情感をうたった詩集。恋愛の哀歓,自然への憧憬,流離の旅情,芸術への賛歌など,その主題はきわめて多彩で,日本の近代詩の成立を告げた最初の記念碑として高く評価されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わかなしゅう〔わかなシフ〕【若菜集】

島崎藤村の第1詩集。明治30年(1897)刊。浪漫的詩情に満ちた文語定型詩51編を収め、日本の近代詩壇に新生面を開く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

若菜集【わかなしゅう】

島崎藤村の処女詩集。1897年刊。《文学界》に発表した,恋愛詩など51編を収録。多く七五調を用い,日常語を詩語として,近代的,主我的感情を歌い,明治浪漫主義の最初の芸術的開花として大きな影響力をもった。
→関連項目新体詩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

わかなしゅう【若菜集】

島崎藤村の処女詩集。1897年春陽堂刊。主として仙台時代に《文学界》に発表した51編の詩と序詞を収録。全体の基調は〈草枕〉に代表されるように季節の春と人生の春を重ねて,青春の哀歓をうたう点にあり,春の讃歌(〈新暁〉〈潮音〉),恋の諸相(〈初恋〉〈白壁〉),漂泊の愁い(〈草枕〉〈秋風の歌〉)などを中心的な内容とする。七五調主体の優雅なリズム大和言葉によってうたわれる抒情の質はつつましく,やや純粋性に欠ける面もあるが,自分なりの〈春〉を発見した藤村の精一杯の感情がこめられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わかなしゅう【若菜集】

詩集。島崎藤村作。1897年(明治30)刊。第一詩集。「六人の処女」「初恋」など恋愛詩・青春詩が中心。日常語を用いて浪漫的に歌いあげ、近代詩の母胎となり、広く愛唱された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若菜集
わかなしゅう

島崎藤村の処女詩集。1897年(明治30)春陽堂刊。藤村の仙台時代におもに『文学界』に発表された51編の詩と序詩を収録。七五調を基調とし、優美な大和(やまと)ことばを多用した文語定型詩で、失恋、漂泊を重ねてようやく「春」に巡り会った藤村の青春の哀歓が歌われている。長詩「草枕(くさまくら)」に表れているように、その讚歌(さんか)はかならずしも高らかではなく、叙情詩としても物語的な性格が目だつが、鬱屈(うっくつ)した自我の姿と解放への熱い願いを歌って、明治のロマンチシズムを代表する詩集である。「おえふ」をはじめとする6人の女性を歌った詩や、「秋風の歌」「潮音(しおのね)」「初恋」「白壁」などがとくに名高い。[十川信介]
『『藤村詩抄』(岩波文庫) ▽『藤村詩集』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の若菜集の言及

【詩】より

…1893年,北村透谷,島崎藤村,上田敏らが《文学界》を創刊,キリスト教およびルネサンスへの関心を中核にもつ浪漫主義運動を展開,啓蒙的・社会改良的功利主義を批判して,文学・芸術独自の価値にもとづく作品活動を主張した。藤村の《若菜集》(1897)の恋愛詩はその代表的な成果である。抒情詩における恋愛至上の情熱の表現は,在来の封建社会的倫理観や家族制度に対する抵抗の意思表示となりえた点で,青年男女の熱狂的支持を得た。…

【ロマン主義】より

…それに対して藤村は,現実に対する態度としては数歩後退したが,より成熟した新体詩型を可能にした。彼の《若菜集》(1897)により,明治の青年の鬱屈した自意識や恋愛感情は,官能のよろこびにうちふるえるロマン的な声となった。 しかし,透谷がその過激な思想によって,自分を破るように自殺してからの《文学界》のロマン主義は,しだいに観照的・芸術至上主義的な方向に転回をとげる。…

※「若菜集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

若菜集の関連キーワード島崎蓊助島崎楠雄春陽堂書店藤村記念館西丸いさ子島崎静子長谷川こま子山口[村]春陽堂文庫《新生》(島崎藤村)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若菜集の関連情報