黄粱の夢(読み)こうりょうのゆめ

精選版 日本国語大辞典の解説

こうりょう【黄粱】 =の 夢(ゆめ)[=一炊(いっすい)の 夢(ゆめ)

(「枕中記」の故事で、粟飯(あわめし)をたきあげるほどの短い間にみた盧生の夢の意) 人間の富貴や功名が、きわめてはかなく短いことのたとえ。→一炊の夢
※岷峨集(1313‐28頃)下・過邯鄲「今朝借路邯鄲客、不是黄粱夢裏人」 〔李俊民‐送郡侯段正卿北行詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android