コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川上未映子 カワカミミエコ

2件 の用語解説(川上未映子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かわかみ‐みえこ〔かはかみ‐〕【川上未映子】

[1976~ ]歌手・小説家。大阪の生まれ。はじめ歌手としてデビュー、のち文筆にも活動を広げる。「乳と卵(らん)」で芥川賞受賞。他に「わたくし率 イン 歯ー、または世界」「ヘブン」「すべて真夜中恋人たち」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上未映子 かわかみ-みえこ

1976- 平成時代の歌手,文筆家。
昭和51年8月29日生まれ。平成14年歌手デビュー。17年アルバム「頭の中と世界の結婚」(全曲を作詞・作曲)をリリース。17年から文筆活動をはじめ,「ユリイカ」「群像」などに詩,随筆,小説などを寄稿する。19年小説「わたくし率 イン 歯ー、または世界」(初出「早稲田文学0」)が芥川賞候補,早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞。20年豊胸手術のため大阪から東京にいる妹のもとをおとずれたホステスと小学生の娘の物語「乳(ちち)と卵(らん)」で芥川賞を受賞した。21年初詩集「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」で中原中也賞。22年映画「パンドラの匣(はこ)」でキネマ旬報ベスト・テン新人女優賞を受賞した。同年小説「ヘヴン」で芸術選奨新人賞,紫式部文学賞。23年阿部和重と結婚。25年詩集「水瓶」で高見順賞。同年「愛の夢とか」で谷崎潤一郎賞。大阪府出身。大阪市立工芸高卒。本名は三枝子。作品はほかにアルバム「夢みる機械」,随筆「そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川上未映子の関連キーワードブルガリア文学川本けい子12T(TGP)(希薄燃焼エンジン)キングドームアイヌ語学習塾座散乱木遺跡専修学校詩集オリンピック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川上未映子の関連情報