川上未映子(読み)カワカミミエコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上未映子 かわかみ-みえこ

1976- 平成時代の歌手,文筆家。
昭和51年8月29日生まれ。平成14年歌手デビュー。17年アルバム「頭の中と世界の結婚」(全曲を作詞・作曲)をリリース。17年から文筆活動をはじめ,「ユリイカ」「群像」などに詩,随筆,小説などを寄稿する。19年小説「わたくし率 イン 歯ー、または世界」(初出「早稲田文学0」)が芥川賞候補,早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞。20年豊胸手術のため大阪から東京にいる妹のもとをおとずれたホステスと小学生の娘の物語「乳(ちち)と卵(らん)」で芥川賞を受賞した。21年初詩集「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」で中原中也賞。22年映画「パンドラの匣(はこ)」でキネマ旬報ベスト・テン新人女優賞を受賞した。同年小説「ヘヴン」で芸術選奨新人賞,紫式部文学賞。23年阿部和重と結婚。25年詩集「水瓶」で高見順賞。同年愛の夢とか」で谷崎潤一郎賞。大阪府出身。大阪市立工芸高卒。本名は三枝子。作品はほかにアルバム「夢みる機械」,随筆「そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川上未映子の関連情報