コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川上未映子 カワカミミエコ

2件 の用語解説(川上未映子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かわかみ‐みえこ〔かはかみ‐〕【川上未映子】

[1976~ ]歌手・小説家。大阪の生まれ。はじめ歌手としてデビュー、のち文筆にも活動を広げる。「乳と卵(らん)」で芥川賞受賞。他に「わたくし率 イン 歯ー、または世界」「ヘブン」「すべて真夜中恋人たち」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上未映子 かわかみ-みえこ

1976- 平成時代の歌手,文筆家。
昭和51年8月29日生まれ。平成14年歌手デビュー。17年アルバム「頭の中と世界の結婚」(全曲を作詞・作曲)をリリース。17年から文筆活動をはじめ,「ユリイカ」「群像」などに詩,随筆,小説などを寄稿する。19年小説「わたくし率 イン 歯ー、または世界」(初出「早稲田文学0」)が芥川賞候補,早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞。20年豊胸手術のため大阪から東京にいる妹のもとをおとずれたホステスと小学生の娘の物語「乳(ちち)と卵(らん)」で芥川賞を受賞した。21年初詩集「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」で中原中也賞。22年映画「パンドラの匣(はこ)」でキネマ旬報ベスト・テン新人女優賞を受賞した。同年小説「ヘヴン」で芸術選奨新人賞,紫式部文学賞。23年阿部和重と結婚。25年詩集「水瓶」で高見順賞。同年「愛の夢とか」で谷崎潤一郎賞。大阪府出身。大阪市立工芸高卒。本名は三枝子。作品はほかにアルバム「夢みる機械」,随筆「そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

川上未映子の関連キーワード文筆家アイ ジョージ大津美子菊池章子岸洋子鈴鹿俊子ちあき なおみディック・ミネ林伊佐緒藤井康男

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川上未映子の関連情報