コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄金の三角地帯 おうごんのさんかくちたいGolden Triangle

翻訳|Golden Triangle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄金の三角地帯
おうごんのさんかくちたい
Golden Triangle

ミャンマー東部のシャン州を中心に,中国,ラオス,タイにまでまたがる地域。「ゴールデン・トライアングル」ともいい世界的な麻薬生産地帯であることからこの名がある。この地域では伝統的にケシ栽培が行われており,一説によると世界のヘロインの約 70%がこの一帯で生産されているといわれている。世界の麻薬問題の解決には,この地域における麻薬生産の根絶が不可決であるが,少数民族問題とも複雑にからみ合い,その実現の可能性はきわめて低いといわざるを得ない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

黄金の三角地帯

メコン川をはさんで3カ国が接する山岳地帯で、20世紀後半、世界最大のアヘン生産地だった。第2次大戦後、中国国民党の残党やミャンマーからの独立を掲げる少数民族が資金調達のために栽培したとされる。「麻薬王」として有名だったクンサーは96年に投降するまで一大勢力圏を築いた。

(2009-02-28 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

黄金の三角地帯【おうごんのさんかくちたい】

ゴールデン・トライアングル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

黄金の三角地帯の関連キーワードミャンマーの麻薬栽培トライアングルゴールデンメコン川タチレク

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄金の三角地帯の関連情報