コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄鮒 きぶな

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

黄鮒[人形・玩具]
きぶな

関東地方、栃木県地域ブランド
宇都宮市で製作されている。江戸時代に疫病が流行した時に川で釣った黄色い鮒を食べたところたちまち病気が治ったことから、黄鮒は縁起物の郷土玩具として伝えられている。栃木県伝統工芸品。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

世界大百科事典内の黄鮒の言及

【フナ(鮒)】より

…テツギョは尾びれをはじめ各ひれが著しく伸長した型で,ヒブナは黒色素胞が欠如して全身が橙黄色になったものである。栃木県宇都宮の郷土玩具〈黄鮒〉はこのヒブナに由来したものか,あるいはキンブナにちなんだものかいずれかであろう。 食用魚としてのギンブナは甘露煮やすずめ焼きとしてとくに冬季に賞味される。…

※「黄鮒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄鮒の関連キーワード栃木県宇都宮市関東地方

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄鮒の関連情報