黒光茂樹(読み)くろみつ しげき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒光茂樹 くろみつ-しげき

1909-1993 昭和-平成時代の日本画家。
明治42年7月25日生まれ。京都の金島桂華に師事。昭和9年帝展で「瓜田」が初入選。のち新文展,日展などで入選をかさね,28年「青桐」が日展で特選となり朝倉賞,白寿賞をうける。47年日展審査員をつとめ,49年会員となる。平成5年3月21日死去。83歳。愛媛県出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android