青桐(読み)アオギリ

  • あおぎり あを‥
  • あおぎり〔あを〕
  • じょうど ジャウ‥
  • 書名
  • 青×桐
  • 青桐 (アオギリ)

デジタル大辞泉の解説

アオギリ科の落葉高木。樹皮は緑色。葉は大形で手のひら状に三~五つに裂け、柄は長い。夏に、淡黄色の雄花と雌花がまじって咲き、果実は、種子のついた舟形のさやが放射状につく。庭木・街路樹とし、材は楽器・家具用。梧桐(ごどう)。 夏》「―の向ふの家の煙出し/素十
[補説]書名別項。→青桐
木崎さと子短編小説。昭和59年(1984)発表。同年、第92回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 アオギリ科の落葉高木。中国南部原産といわれ、庭木や街路樹として植えられる。高さ約一五メートルに達する。樹皮は緑色でなめらか。葉は大きな掌状で三~五か所浅く裂け、各片はとがり、長い葉柄をもつ。夏、黄白色の小さな花が枝先に円錐状に集まって咲く。実はさや状で熟す前に四~七片に裂開し、裂片は舟形で縁に球形の種子をつける。材は柔らかく淡黄褐色で、家具、楽器、下駄などを作る。漢名、梧桐。《季・夏》〔大和本草(1709)〕
〘名〙 植物「あおぎり(青桐)」の異名。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android