コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒塚(くろづか)古墳 くろづかこふん

1件 の用語解説(黒塚(くろづか)古墳の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

黒塚(くろづか)古墳

初期大和政権発祥の地の奈良県天理市柳本町にあり、1998年に最多の33面の三角縁神獣鏡と、画文帯神獣鏡1面の副葬が判明した、3世紀後半〜4世紀前半築造の前方後円墳(全長130m)。三角縁神獣鏡は、それまで最多の京都府の椿井大塚山古墳の鏡と10面が同じ鋳型による「兄弟鏡」で、西日本を中心に15府県から出土の39面の鏡との兄弟関係も判明した。邪馬台国畿内説にとっては有利な資料だが、反論もあり、論議再燃は必至。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒塚(くろづか)古墳の関連キーワード大和天理市天理大学丹波市石上大和神社天理布留大和国家上田武治郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone