コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒川嘉兵衛 くろかわ かへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒川嘉兵衛 くろかわ-かへえ

?-? 幕末の武士。
幕臣。浦賀奉行組頭として,嘉永(かえい)7年(1854)アメリカ使節ペリーとの事務折衝にあたる。同年下田奉行組頭に転じ,密航をくわだてた吉田松陰尋問を担当する。安政大獄免職となるが,のち徳川慶喜(よしのぶ)につかえ,一橋家用人から徳川家の目付となった。名は雅敬。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

黒川嘉兵衛

生年:生没年不詳
幕末の幕臣。嘉永6(1853)年浦賀奉行組頭。翌安政1(1854)年にペリーが再来した際,その交渉事務を担当,次いで吉田松陰の海外渡航未遂事件でこれの訊問に当たった。安政の大獄で免職・差控に処せられたが,文久3(1863)年7月一橋家用人見習に採用され,翌元治1(1864)年2月番頭兼用人,平岡円四郎と共に徳川慶喜を補佐した。慶応2(1866)年8月疎まれて一橋家用人を去る。鳥羽・伏見の戦の後の明治1(1868)年2月目付に登用され,上洛して徳川救済の嘆願を行った。晩年は京に住み,末路は不明。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android