黒沢五郎(読み)くろさわ ごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒沢五郎 くろさわ-ごろう

1833-1862 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。文久元年(1861)有賀半弥(ありが-はんや)らとともに江戸高輪(たかなわ)のイギリス公使館をおそう(東禅寺事件)。翌2年1月15日には老中安藤信正(のぶまさ)の暗殺をはかったが,失敗し討たれた(坂下門外の変)。30歳。名は保高。変名は吉野政介。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android